保険受験・科目合格制度

中小企業診断士試験

保険受験!?

1次試験に合格すると2次試験受験の権利を得られます。

しかも1回の合格で、同じ年の2次試験とその翌年の2次試験の2回チャンスがもらえます。

チャンスが2回あるのは嬉しい制度だが、その2回の2次試験で合格できないと、残念ながら1次試験からやり直しになります。

そのため1回目の2次試験が不合格だった時のために、あるのが「保険受験」です。

保険受験とは、1次試験の権利があっても2次試験が受けることができます。万が一、2次試験に不合格だったとしても、その年に1次試験を受けておけば、翌年に2次試験を再度、受けることができます。

わかりづらいと思いますが、翌年に1次試験から再度受けるとなると、プレッシャーはかなりかかります。

その代わり、1次試験と2次試験の勉強を並行して行わなければならないので、スタミナが重要となってきます。

さらには、受験料が2倍かかってしまします

どちらがいいかは一概にも言えませんので、受験する際は検討してみてください。

科目合格制度

平成18年から1次試験に科目合格制が導入されました。

科目合格制とは、不合格だった場合、60点以上の科目は科目合格となる。科目合格した科目は、最大で3年間免除申請ができます。

ところが、そんなに簡単にはいかないのが診断士の科目合格制である。免除申請した科目は60点として換算される。

4科目科目合格していれば、残りの3科目で180点以上取れば合格になります。

ではもし、残りの3科目が苦手科目だったらどうだろうか。7科目受験の場合は得意科目で80点取れれば、苦手科目が40点でも平均60点になる。

ところが得意科目を科目合格し免除申請してしまうと、強制的に60点に換算されてしまうので、苦手科目を補うことができなってしまいます。

コメント