診断士登録

中小企業診断士試験

いよいよ診断士登録!

15日間の実務補習または実務従事が終わると、いよいよ診断士登録になります。

実務補習または実務従事が終わると、指導員などから実務補習を修了したという書類がもらえます。

次に中小企業診断士登録申請書」に必要事項を記載します。

様式は中小企業診断協会のホームページからダウンロードできます。

これらに「第2次試験合格証書(原本)」と、住民票の4点をセットにして、経済産業省中小企業庁 経営支援部経営支援課宛てに郵送すれば完了です。

また、郵送ではなく中小企業庁に直接持参しても良いです。

書類の送付が終わると、2~3ヶ月後の「官報」に名前が掲載されます。これを見ると「診断士に登録できた」という実感が湧いてくると思います。

官報は各都道府県の官報販売所にて販売しております。

診断士合格者のほとんどが実務補習の15日間コースを申し込むため、登録時期がほぼ同じになります。

可はともあれ、これで正式に中小企業診断士である。

コメント